ネットで医薬品を購入する際の注意点

要指導医薬品はネット購入できない点に注意

ネット通販で購入することのできない医薬品に、要指導医薬品と言う医薬品があります。要指導医薬品がネットで購入することが出来ない理由としては、医薬品としてリスクの高いものであるという点にあります。要指導医薬品はいわゆる劇薬であったものだったり、まだ医薬品として一般的になって期間が浅いため、ネットなどで販売することが禁止されているので、注意が必要です。

このように要指導医薬品は取り扱いに十分に注意をしなければならないことから禁止されています。しかし、要指導医薬品の中にはスイッチOTC医薬品という医薬品が存在し、3年の期間何の問題もなければ一ネットでも購入することが出来るようになります。なのですべての要指導医薬品が購入できないわけではないという事も覚えておくと良いでしょう。

一般用医薬品はネット購入できる医薬品

医薬品の中でネットでも購入することのできる医薬品を一般用医薬品といいます。この薬品はいわゆる薬局でも購入することのできる医薬品のことを言い、国家資格である薬剤師の資格を持った人や登録販売者の資格を持った人によってネットで販売することができます。

また、一般用医薬品は3種類に分けられ第1類医薬品は薬剤師の資格を持つ人が医薬品の情報提供をすることによってネットで販売され、第2類医薬品は薬剤師と登録販売者がネットで販売することができます。そして第3類医薬品は情報提供の必要のないネットで販売することのできる医薬品になっています。
このような点から、ネットで医薬品を購入する際にはまず一般用医薬品かどうか、そして種類によって医薬品の情報提供の有無をきちんと確認し、必要な種類の場合は必ず購入先のサイトの薬剤師に処方の際の注意点について教えてもらうように注意をしましょう。